チャンピックスの写真

自分の意思だけでの禁煙は私には無理でした。そこで禁煙治療で高い禁煙成功率を誇るチャンピックスを服用してみての感想や効果なんかを提供していきたいと思います。一緒に健康な体を取り戻しましょう!

チャンピックスにたどり着いた理由

禁煙に何度も失敗したけれど、チャンピックスに出会えたおかげで成功することが出来たという人は多くいます。
チャンピックスは禁煙外来に行けば処方してもらえるので、まずはお医者さんの診察を受けることから始めましょう。
チャンピックスにたどり着いた理由というのは、人それぞれ違うでしょうが、自力では禁煙に成功できなかった方が、インターネットで禁煙方法を調べることによって、この薬の存在を知るケースが多いようです。
他にも会社の同僚や、友人、親せきなどの口コミで知った人もあるでしょうが、効果の高さは間違いないので、入手するようにしてください。
タバコを長年吸っていると、知らないうちにニコチン中毒となってしまうので、定期的に吸わないと、落ち着かなくなってしまいます。
イライラしたり、考えをまとめられなくなるなど、集中力が極端に落ちるので、仕事や家事が手につかなくなりますし、頭痛や吐き気、めまいなどの肉体的な症状もあらわれるので厄介です。
健康のためや、子供のために禁煙しようと決意しても、他人が吸っているのを見たり、タバコの自動販売機の前を通ると、つい買ってしまう人も多いため、自力でタバコをやめるのは、かなり困難なことだといえます。
しかしチャンピックスを服用すれば、辛い禁煙の手助けをしてもらえるので、自力で頑張るよりも、成功する確率を何倍にもアップすることが出来ます。
チャンピックスを服用すると、禁煙時のイライラなどの症状を抑えたり、タバコを吸ったときの満足感を得にくくする作用があるので、禁煙に成功したい方は、試してみるとよいでしょう。
喫煙を続けると、ニコチンやタールの害により、徐々に健康を害するようになりますから、長生きしたい方はチャンピックスを利用するようにしましょう。

禁煙を挫折した人の最後の砦チャンピックス

健康志向が進む近年、禁煙を決断して禁煙外来を受診する方も増加傾向にあります。自分の意思だけでニコチン依存から抜けることは、困難を極めると言っても良いでしょう。
そこで、禁煙外来では禁煙補助剤を処方して、ニコチン依存からの脱却を図るのです。
その禁煙補助剤の一つが「チャンピックス」です。
タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体という部分にニコチンが結合し、快感を生じさせる物質を放出します。
チャンピックスは、このニコチン受容体に結合することで、ニコチンよりも少量の快感物質を放出させます。
それにより、イラつきなどのニコチン切れの症状を軽減させるのです。
また、ニコチンが受容体に結合するのを阻み、禁煙中に喫煙してしまった場合でも、満足感を感じにくくすることにより、禁煙を補助する効果があります。
つまり、タバコを吸っても「おいしい」と感じない体質にする、という薬なのです。
タバコを吸ってもおいしくない、じゃあ吸うのをやめようかな、という意識を持たせる効果がある薬であると言えます。
チャンピックスは、禁煙外来だけではなく、ネットショップでも購入することが可能な薬で、ガムやバッチなどの従来の方法とは違い、ニコチンを含まない禁煙補助剤としても注目を集めているのです。
そのため、循環器に持病がある場合にも用いることができます。
しかし、「禁煙しよう」と強く思えば思うほど、ストレスが溜まってしまうものです。
特に、食後やお酒の後、仕事の休憩時間などに喫煙する習慣がある方は、ついタバコに手が伸びる…というケースも少なくありません。
禁煙による禁断症状やストレスについては、医師と相談しながら進めて行きましょう。
自分のため、家族のため、他の誰かのため、チャンピックスは禁煙を決意する方々の希望となるでしょう。

チャンピックスを服用する際の注意点

チャンピックスは禁煙の際に使用するのみ薬です。
タバコにはニコチンが含まれており、ニコチンには快感を感じるドーパミンを放出させる働きがあります。
そのためニコチンをとらないとイライラしたり、急に怒り出したりといった症状が現れます。
チャンピックスはニコチンの受容体と結びつくためイライラを軽くしたり、禁煙中にタバコを吸ってしまった場合にもタバコがおいしいと思えなくなったりすることができます。
チャンピックスは禁煙予定日の1週間前から服用を開始し、8日目から完全に禁煙します。
12週間の服用となりますが、最初の3日目までは1日1回1錠、4日目から7日目は1日2回2錠と少しずつ量を増やしていきます。
比較的安全な薬ですが、注意点もあります。
チャンピックスを服用する際の注意点としては他のニコチン製剤と併用しないということがあげられます。
この他、副作用として吐き気や頭痛、便秘、不眠、お腹の張りなどがおきやすく、めまいや眠気がおき、意識障害などの症状が現れることもあります。
服用した場合は自転車の運転や機械操作などは行わないようにします。
また、妊娠中や授乳中、未成年、精神疾患がある、腎臓の病気がある、アレルギー症状が出たことがあるといった場合は事前に医師と相談する必要があります。
禁煙を行うとニコチンを離脱するため不安や焦りを感じたり、落ち込んだり、時には死を意識したりすることがあります。
うつ病などすでに精神疾患がある場合はさらに強く症状が出ることがあるので、そういった症状が出た場合は服用するのをやめて、処方した医師に速やかに相談するようにします。
チャンピックスは3か月かけて禁煙へと導く薬です。
体や精神面で不調が起きたときには必ず相談することが大切です。